葉2輪ヨコ.jpg 葉2輪ヨコ.jpg 葉2輪ヨコ.jpg 埴輪まめ知識 37 葉2輪ヨコ.jpg 葉2輪ヨコ.jpg 葉2輪ヨコ.jpg

壺形埴輪

 

壺形埴輪には、単独の壺と、人物埴輪の持つ壺とがあります。

 

単独の壺は、成形時から底なしの大概の埴輪とは違い、

壺として作った上で、底や胴に穴を開け、焼成したようです。

初期には円筒埴輪の上に乗せられ、後には地面に直置き。

 

壺を持つ人物埴輪は、たいてい女子。

両手で捧げ持ったり頭に乗せたり。

なんにせよ、不安定な壺には支えが欲しい。

 

壺の中身はなんじゃろな。それは目には見えません。

差し出しているのか

ねだっているのか

葉2輪ヨコ.jpg 葉2輪ヨコ.jpg 葉2輪ヨコ.jpg 葉2輪ヨコ.jpg 葉2輪ヨコ.jpg 葉2輪ヨコ.jpg 葉2輪ヨコ.jpg 埴子 作

2012/03/03up

2014/06/23修正・加筆

 

 

穴があいているということは、

壺の中身は穴があっても平気なもの、ということでしょうか。

 

ちなみに、人物埴輪が持っているほうの壺には、底にも胴にも、穴はあいていないようです。

 

 

最初のころの壺形埴輪

 

壺形埴輪のルーツは、吉備地方の弥生墳丘墓で多く出土した特殊壺。

特殊壺は、特殊器台とセットで出土しています。

特殊器台の上に乗せられていたのでしょう。

 

特殊壺のルーツは、

特殊じゃない器台の上に乗せられていた、特殊じゃない壺。

器台がないことには、ちょっと区別できませんね。

 

その壺のルーツは、

器台の上に乗せられていない、普段使いのただの壺、

ということになるのでしょう。

 

壺はいつ生まれたのでしょうね。

そこまでさかのぼるのは大変。

  

最後のころの壺形埴輪

 

埼玉古墳群最後の前方後円墳である中の山古墳(6世紀末-7世紀初め築造)からは、

円筒埴輪は出土せず、「須恵質埴輪壺(すえしつはにわつぼ)」が出土しています。

須恵器のように高温で焼かれたらしく、硬く灰色です。

安定感のある形。丈の詰まった朝顔形円筒埴輪といったところ。

透孔はありますが、突帯はありません。

は、焼成後にくりぬかれたようです。

 

 

壺をきっかけに始まった埴輪は、壺となって終わった。

 

 2014/06/16追記

2014/06/23修正・加筆

 

参考文献

 

福本 明(2007)

シリーズ「遺跡を学ぶ」034『吉備の弥生大首長墓・楯築弥生墳丘墓』新泉社

 

高田 大輔(2010)

シリーズ「遺跡を学ぶ」073『東日本最大級の埴輪工房・生出塚埴輪窯』新泉社

 

参考サイト

埼玉県立さきたま史跡の博物館

 

 

 特殊壺と壺形埴輪の違い 埴子の覚え書

特徴

特殊壺

壺形埴輪

(出現期)

壺形埴輪

(出現期以後)

細長い

細いが短い

太く短い

二重口縁

下の口縁が

外側に突き出している

上の口縁が

外側に開いている

上の口縁が

外側に開いている

そろばん玉形

球形に近い

やや細長い

底部の孔

あり(焼成後多し)

あり(焼成前)

あり(焼成前)

胴部の孔

なし

あることも(焼成前)

あることも(焼成前)

胴部の突帯

あり(23条)

なし

なし

彩色

あり(赤)

なし

なし

文様

あり

(鋸歯文・斜線文など)

なし

なし

あり(特殊器台)

あり(都月型円筒埴輪)

なし

出土遺跡

弥生墳丘墓

古墳

古墳

配置

 墳丘中央?

 墳丘中央?

 墳丘の縁、

段のテラスなど

 

特殊壺と壺形埴輪の中間物「特殊壺形埴輪」なるものもあるようです。

ここではそれは置いといて、ざっくり分けてまとめました。

 

2014/06/23追記

 

   

  

考え方によっては、壺形埴輪はもう一種類あります。

壺と円筒埴輪とが一体化した朝顔形円筒埴輪です。

 

しぶとく円筒に乗り続けていたら、

円筒埴輪とくっついてしまった壺。

 

 

 

 

こころの

 

こころの眼でみつめて

こころの耳をすまして

こころの鼻でくんくんくん

 

 

 

   

関連まめ

 

朝顔形円筒埴輪

 

 

 

 

 

埴輪のとなりTOP

 

 

inserted by FC2 system