企画展

発掘された日本列島2012

 

の埴輪目撃談(20124

 

 

見えますか

フォトジェニックなあいつが

 

今回の列島展は入口の島に埴輪が直置きされていない…

ちょっとショックな埴子。

 

でもいいの。

通い始めて5年目ともなると埴輪の味わい方がわかってくるのです。

 

 

 

家形埴輪の屋根。

 

屋根の線刻には、このような網代文があることが多いのです。

たてたてたてたて よこよこよこよこ

 

おなじみ鋸歯文も。

 

家本体にも鋸歯文。

 

土台と壁の一部。色が違うので別々の埴輪なのでしょう。

 

蓋(きぬがさ)形埴輪。

こちらでの解説によると、「貴人にさしかける傘の形をしたはにわ」。

 

円筒もよく見ると違いがわかる。

色の違い。厚み。突帯の数や飛び出し方。

そして柾目。たてよこ、幅。

 

ちょっと珍しい、叩き締めされた円筒埴輪がありますよ。

 

ヘラ記号付きもあります。

割れ目とごっちゃになってて見分けにくいけど、よーく見るとほーら

穴の右に三本、左に三本。うーん四本かも。猫のひげみたい。

 

穴の周りにあることが多いような気がします。

埴輪制作グループのブランドロゴみたいなものだとききました。

でもなぜヘラ記号の無い円筒のほうが多いのでしょう。

 

朝顔はプロポーション。

くびれ具合に広がり具合。

 

口縁のエッジ。

 

  

ガラス越しでも丹念にみる

 

いろんな角度からみる

 

みるみる

 

 

 

さて

解説員さんにお訊きしてみる。

窯跡から出土ということは 完成品を置きっぱなしにしたのか それとも。

「どちらかというと失敗作です」「成功した完成品はどこかに運びだされたようです」

やはり…

 

気になっていたのです。

 

このお犬さん 右目の切り口が甘い。

もっともこれが窯に放置された理由かどうかはわからないけど。

 

他に考えられる理由…

乾燥が十分でなかったので焼成時に壊れた とか

折れた・欠けた・ヒビが入った とか

単に形が今いち とか?

 

予備用にいっぱい作っといて余っちゃった とか

 

いろいろ考えられます。 

 

ところで

円筒はけっこう残りがいいですが

犬はいろいろ足りないのが残念。

 

お腹どうした

 

しっぽがあったらなあ

 

したあごもないのね

 

だからこそ思う

それでもかわいいって すごい

 

モデルは何犬でしょうね。

いわゆる日本犬なのでしょうけども。

 

失敗作だけが見つかって、いまここに展示されている。

成功したものは未だ出土していない。

この不思議。

 

もし成功作が見つかって、失敗作と比較したら、出来不出来の基準がわかるかも。

成功したほうにも犬形埴輪があるかも。そっくりだったりして。

どこにいるんでしょうね。

 

教えておくれ

ここ掘れわんわん

 

 

    

 

文化財レスキューの取り組みについての展示。

 

とにかくパネルを一通り見る、読む。

 

資料の汚れをシャワーで流している写真、

被災者の移転先となる遺跡での発掘を急いだ話など。

過去の人々と今の人々。

 

昔の津波と去年の津波。

津波堆積物の実物に触れるようになっていましたが触らずじまい。

 

  

 

混雑状況報告。

 

そこそこの人出。並ぶほどではなかった。

撮影する人結構多し。

動画を撮っているらしき人もいました。

生徒さん達もいました。

帰りのエスカレーターで児童さんの集団に会いました。

タイミング次第。

 

金曜日、1213

埴輪以外は流し見。

 

 2012/06/15訪問 

  

 

このページの画像はすべて、上記館展示の埴輪などを、埴子が撮影したものです。

 2012/06/16up

 

 

発掘された日本列島2012文化庁主催の巡回展)

会場および開催期間

江戸東京博物館2012612日(火)〜729日(日) 埴子が目撃した会場

八戸埋蔵文化財センター 是川縄文館:201288日(水)〜917日(月)

藤枝市郷土博物館・文学館:2012928日(金)〜116日(火)

堺市博物館:20121117日(土)〜1224日(月・祝日)

鳥取県立博物館:2013112日〜224

 

   

  

    

 

このまえの目撃談   20123

野田に生きた人々 その生活と文化 2012の埴輪目撃談

 

このあとの目撃談  20125

動物埴輪の世界 の埴輪目撃談

 

埴輪鑑賞レポート

埴輪目撃談

 

 

展覧会などの感想

アート感想文

 

本の感想

読書感想文

 

ほんとのTOP

埴輪のとなりTOP

 

 

inserted by FC2 system