動物たちの考古学 −人と動物を考える−

の埴輪目撃談 (20127)

 

 

船橋市からは出ていないのかどうかわかりませんが、展示されている埴輪は他市から借り出した埴輪でした。

 

柏市の鶏と魚の埴輪。

 

鶏はコンパクトサイズのあっさりした形で、かなり修復部分あり。

円筒に乗っており、突帯が1条ついています。

 

魚の埴輪は以前、野田市郷土博物館で目撃しました。

その野田の魚は円筒の上に乗っていたけど(参考:野田に生きた人々 その生活と文化 2012 の埴輪目撃談)、

柏の魚は円筒の上に乗っていませんでした。魚のみ。

もともとの状態は分からないので、こちらもひょっとしたら円筒に乗っていたのかも。

埴子目視では剥離痕は見当たりませんでした。

どんなふうに置かれていたんだろう。

こちらの方がより実物に似せて作られています。背ビレ腹ビレなども表現されています。

 

しかし魚部分は中空ではないようなので、この魚、埴輪と呼べるのかどうか。

リアリティの追及は埴輪の本質ではないと思うし。

 

それはさておき

 

市原市の猪形埴輪と鹿形埴輪。

 

猪は、たてがみと鼻の穴も表現されています。ちょっとツリ目。お尻に穴あり。

 

鹿は上半分しかありませんが、こちらも鼻の穴が表現されています。

やわらかい顔をしています。特に目が。

かがんで見てみましょう。

 

 

ちなみに、今回の企画展は、動物の中でも特に猪に焦点を当てていたようで、

他の時代の猪の土製品なども多く展示されていました。

 

鹿は立派な角が展示されていましたよ。

 

 

ちなみに

埴子は鹿の肉を食べたことがあります。

どんなんだったかな… 忘れちゃったわ。それほど強烈な味ではなかったということでしょう。

 

しかし猪の肉は食べたことがありません。

ちょっと食べてみたい埴子。

 

 

鶏と魚は常食しております。

 

 

  

 

展示の解説などに関して。

 

パンフレットあり。

カラーでしっかりした作り、写真多数。埴輪はそう多くはないですが。

入館時に受付で、無料で頂きました。ありがとうございます。

 

他、多種多様な説明の用紙が各コーナーに置いてありました。

 

3階に図書コーナーもあり。

 

充実しています。

  

  

 

混雑状況報告。

空いていました。

 

金曜日、1415

人が少なかったので、ゆっくりじっくり見ましたよ。

 

 2012/12/21訪問 

  

 

 このページの画像はすべて、埴子が撮影したものです。

 2012/12/22up

 

 

会場|飛ノ台史跡公園博物館<1階ギャラリー・3階展示室>

会期|2012113日(土・祝日)〜1223日(日・祝日)

休館日|月曜日

開館時間|900-1700

入館料|一般:100

 

   

  

    

 

このまえの目撃談   20126

 赤羽台古墳群に眠る人々の埴輪目撃談

 

このあとの目撃談   20128

南九州の古墳文化 の埴輪目撃談

 

埴輪鑑賞レポート

埴輪目撃談

 

 

展覧会などの感想

アート感想文

 

本の感想

読書感想文

 

ほんとのTOP

埴輪のとなりTOP

 

 

inserted by FC2 system