総合文化展

於・東京国立博物館本館&平成館

の目撃談 (201707

 

 

本館

 

群馬県高崎市箕郷町 上芝古墳出土 男子埴輪  手前は縄文土器

 

大刀に手をかける彼

 

かぶとに隠れたその顔をのぞき込む

 

ポーズと合わない表情

不敵な笑みか おふざけか

 

伝茨城県行方市沖洲 大日塚古墳出土 猿

剥離痕は背中だけではない

 

右のC

 

左の逆さC

 

痕だけでも猿らしい耳だったことがわかるよ

聞こえないかー

 

 

おっ

思わず立ち止まる

 

過去現在絵因果経断簡 鎌倉時代

 

色が鮮明だったので目を引いたというのもあるが

 

きぬがさ と さしば

 

埴輪にもあるが形が違う

参考までに撮影して記録

 

 

源氏物語図屏風(若菜上) 伝土佐光則 の部分

 

桜の花の盛り上がり

 

 

見つめる

 

 

桜山吹図屏風 俵屋宗達

 

こちらもさくら

ところどころに色紙が貼りつけられている コラージュかな

おしゃれ宗達

 

もちろん

盛り上がる

 

 

さて

鶏は動物の中でもよい画題らしい

多くの画家が描いている

 

本日の鶏はこちら

 

 

雪中群鶏 渡辺省亭

 

 大八車という足場がよい

 

水彩的な淡さやにじみも

 

 

 

平成館

 

埴輪 群馬県太田市飯塚町出土

 

スーパープリンス国宝くんだが

彼の出土古墳は消失したらしい

 

拝顔

 

後ろに回って

 

 

実物より小さめらしい

 

 

さて

これはなんでしょう

 右から

 

後から

 

左から

 

 

土偶 山梨県御坂町上黒駒出土 縄文時代(中期)前3000〜前2000

 

肝心の正面顔がうまく撮れなかった

そのせいでもなかろうが

きびしい顔

人なのか動物なのか

それとも

荒ぶる神なのか

 

 

模造 旋帯文石 1 原品=岡山県倉敷市 楯築神社伝世 原品=弥生時代・3世紀

 

弧帯紋に縁取られたこの顔は

神か人か

 

 

ようやく古墳時代に突入です

 

埴輪の前にこちら

 

石人 福岡県八女市 岩戸山古墳出土

 

これは人の顔でしょうね

 

怒ってるようだ

 

下から見てみる

 

よけい怒らせたか

 

上から見てみる

 

これは 泣いているのかも

 

 読めない

なぜなら

表面はだいぶ風化してしまっている。

 

ちなみに、岩戸山古墳からは、円筒埴輪・人物埴輪・馬形埴輪なども出土している。

 

 

さて埴輪

 

よく似た立ち姿

 

左から 大刀・靫・盾・帽子

みな 神奈川県横浜市保土ヶ谷区 瀬戸ヶ谷古墳出土

 

帽子っていうのが意表を突かれる

なぜ帽子

冑でもなく冠でもなく

えらくシンプルデザインだし

 

 

 群馬県伊勢崎市境上武士出土

ぺろり君は

舌だけではなく歯も見せている。

 

 

左:群馬県高崎市箕郷町 上芝古墳出土 右:群馬県大泉町古海出土

耳玉の女子たち

 

そういえば耳玉をつけた男子埴輪ってあるのだろうか。

 

ふむ。

 

またね。

 

 

 

  

 

混雑状況報告。

 

それほど混まず、がらがらではなく。

いつも通りといったところ。

 

 

 2017/03/23(木)訪問 

   

     

    

 

このまえの目撃談 (201706)

総合文化展(東京国立博物館 平成館)の目撃談

 

このあとの目撃談 (201708)

平成29 新指定 国宝・重要文化財(東京国立博物館)の目撃談

 

埴輪その他の鑑賞レポート・感想文

埴輪などなど目撃談

 

2010-2013のレポート・感想文はこちら

埴輪目撃談(2010-2013

アート感想文(2010-2013

 

 

埴輪のとなりTOP

 

 

inserted by FC2 system