http://analyzer5.fc2.com/ana/icon.php?uid=940009&ref=&href=&wid=0&hei=0&col=0

 

発掘された日本列島2017

於・江戸東京博物館

の目撃談 (201719)

 

 

今年の列島展は入口に船

埴輪は見えない…

 

  

 

中に入ると

 

見えました左

 

回りこめば

 

史跡 石屋古墳(島根県松江市)古墳時代中期 の埴輪3

 

 

右の力士形埴輪

  

頭がなくて残念。

 

 

お腹は確かに力士。

その下にまわしがつくのも力士。

 

 

足首ぐるりにトゲトゲ

 

以前、行田で力士埴輪展を見た(企画展 相撲 および 常設展(行田市郷土博物館) の目撃談)。

復習する。

古墳時代の力士はトゲトゲをつけていることがある。

神奈川県厚木市飯山登山(どうやま)1号墳出土の力士埴輪は、足の甲にトゲトゲ。

今城塚の力士は、腕にトゲかもしれないものをつけている。

発掘された日本列島2014 の目撃談

 

 

石屋古墳の力士は、腕にもなにかつけていたのかな。

欠けた腕が見たかった。

ポーズも見たかった。

 

 

お尻側。お尻のほっぺに孔。

よく乾燥するように、よく焼けるようにという目的だろう。

 

脚結は通常ひざ下だが、この力士の脚結は膝かひざ上の高さ。

 

 

続きましては

隣の椅子。

 

 

これは椅子形埴輪ではない。

 

座面の前のほう、だいぶ直しているものの

残欠部分をよくみると

 

Tの字に、お尻の跡が。誰かが坐っていたのね。

 

座面は板で区切られています。

  

その板の端には丸い飾りらしきものあり。

 

座面の余りというか延長部分とでも言いましょうか

その部分の左奥が残っていました

 

紋様が刻まれています。

何だろう。直弧紋ぽいか。

  

斜め後ろから一枚。

椅子は台に乗っている。

 

台は装飾性ゆたか。

 

 

台前面右

 

  

台前面左

 

台前面左のうちでも

  

特にここ、X字状に交差する直線と、それに絡む曲線、明らかに直弧紋。

 

低い椅子だから足置きがない。あれば沓の跡とかありそうだが。

それにしても低い。

「倚座(いざ)人物形埴輪」とあるけど、脚を下ろしたらひざが上がって坐りにくそう。

…脚がかなり短かったのか。いや、あぐらをかいていたのかも。

 

全身が残っていないけど、力士形埴輪はたぶん脚長め。

 

 

最後に馬形埴輪

 

残りが良くないけど

鼻づらあたりは残っている。

目元はだいぶ直し。

馬具が取れたところは黒い。茶・黒・茶のサンドイッチ状態になっていることがわかる。

やはり厚みのある部分は焼成が難しいということか。

 

耳にメモ。

 

横から見ると分かる

このお馬さんは明らかに足が短い。

 

怒った?

 

鼻息が聞こえる。

 

 

今回、埴輪はこの3体だけ。

残念。

 

 

 

 

 

気を取り直して

埴輪以外、だけど埴輪につながるものたち。

 

まずは古墳時代のもの。

 

入の沢(いりのさわ)遺跡(宮城県栗原市)古墳時代前期

 

注目したのは

「垂飾品」

垂飾品ってなに? どうやって使うの?

 

銅鏡2枚。小さ目です。うっすら赤い。

 

この壺の首の形が気になる。

 

ところで

入の沢遺跡は国の史跡に指定されたそうです。

 

 

根戸船戸(ねどふなと)遺跡(千葉県我孫子市)古墳時代終末期 の大刀

下が出土品、上が復元品。

 

丸い柄頭。

大刀というより、儀仗として使うとよさそう。

 

点刻のほどこされた柄。

 

耳環(じかん)。

この遺跡からは埴輪は出なかったらしいが、

人物埴輪たちは、たいてい耳輪をしている。

 

 

 

古墳時代以外のもの、でも埴輪と関連するもの。

 

神明遺跡(岡山県総社市) 弥生時代中期〜後期

 

右端の壺は

首と口縁部分が特殊壺に似ている

 

特殊壺のような胴部の突帯はないけど。

でも近い。

 

外面の黒焦げは野焼きのためでしょう。

 

 

天満・宮西遺跡(香川県高松市)弥生時代後期

 

注目は特殊器台。赤く塗られているのがわかる。

紋様は綾杉紋と平行沈線。

 

そして、この薄さ。特別に丁寧に作った感がある。

 

 

 

オニキシベ2遺跡(北海道厚真町)中世アイヌ文化期

 

水玉模様の矢筒。

その名は… 発音がわからず。

 

 

 

 

ちょっと魅かれたものたち。

 

史跡・名勝 飛鳥京跡苑池(奈良県明日香村)飛鳥時代 の海老錠の牡金具(おかなぐ)。

 

ばねを利用して開け閉めするらしい。

 

 

 

たぶんすり鉢。筆で描いた文字の輪郭をなぞったような「水」?

しまった

これどこのだったか… たぶん水中遺跡のどれか。

 

後日、公式図録で確認。

神津島沖海底遺跡(東京都)のすり鉢でした。

堺または明石で生産されたものらしい。

私には「水」と見えたが「鳥のような文様」と記載されていた。

伏せると水、起こすと鳥。鳥かなー。

 

 

高根(こうね)遺跡(岩手県宮古市)縄文時代中期 のキノコ型土製品

 

干しシイタケと見まごう写実性。

 

 

 

 

図録。

 

すべての展示物の写真が載っているわけではない。

でも、展示していない、というか展示に間に合わなかった物の速報あり。

発掘は続く。

  

 

混雑状況報告。

 

例年通り盛況。

団体さんを避けるには、お昼時が狙い目かと。 

 

 

 2017/06/15(木)訪問 

   

 

◎第23回 発掘された日本列島2017

文化庁主催の巡回展)会場および開催期間

東京都 江戸東京博物館201763日(土)〜723日(日)

青森県 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館:201785日(土)〜918日(月・祝)

三重県総合博物館:2017930日(土)〜115日(日)

愛知県 安城市歴史博物館:20171118日(土)〜1224日(日)

長崎県 壱岐市立一支国博物館:2018113日(土)〜225日(日) 

 

     

    

  

埴輪その他の鑑賞レポート・感想文

埴輪などなど目撃談

  

 

埴輪のとなりTOP

 

 

inserted by FC2 system