78回展覧会 古代の造形 ―モノづくり日本の原点

於・三の丸尚蔵館

目撃談 (201731)

 

和田倉噴水公園の噴水の裏側を経由して

 

お堀の白鳥にあいさつ

 

三の丸尚蔵館の前には ちらほら桜

 

いざ

 

いざ

 

 

  

前期。

 

埴輪ずらりでうれしい。

多くは列島展で見ている埴輪だと思う。

ちなみにこの時は撮影可。発掘された日本列島2013 の埴輪目撃談

しかし今回の方が大きく感じた。

それほど窮屈そうに並んでいるわけではないが。

江戸東京博物館寄り天井が低いせいか。壁置きケース内だからか。

 

 

箸墓古墳出土の壺形埴輪は特に大きく感じた。高さ45センチ。

 

円筒埴輪も全体に大型だ。

鰭つき円筒埴輪は、最下段の透孔が半円形なので、どうしても笑顔に見える。

 

靫は直弧紋もいいが、二列のやじりがくっきり刻まれていて、見とれる。

 

家形埴輪を囲む埴輪には、可動式の扉がついている。

図録には、軸で扉が開閉できることがわかる写真あり。

 

女子埴輪、やはり髷が良い。さりげなく二つに折られた状態が。前髷も残っていたらなあ。

かがんでいろんな角度から見る。

 

馬形埴輪、目が柔らかい三角。笑っている。

 

そして、犬ということになっているが、鹿の可能性がある埴輪。

首の感じは鹿かな。

列島展には出ていなかったけど、7年前に同じ場所で見ている。

「皇室の文庫 書陵部の名品」展

 

 

埴輪ごとに、異なる色を楽しむ。

ただ、彩色された埴輪は今回なかったもよう。

 

 

 

埴輪以外。

 

《金銅装横矧板鋲留衝角付冑》 出土地不明

よく見ると、波模様が刻まれている。

図録にもアップあり。ちなみにこの冑の写真は全部で7枚!

 

 

耳輪(みみわ)と思っていたが耳環(じかん)だった。

埴輪がつけているものより小さい。直径2-3センチ。

 

明治時代に描かれた、大仙古墳出土の甲冑の記録図がいい。

甲冑がファンタジック。

 

《須恵器装飾(人物像)》二点

耳の垂れた犬のようだ。しかし古墳時代にたれ耳の犬はいなかっただろう。

ということはミズラなのだろう。

目と鼻がつかれた穴。目と目の間はともかく、鼻の穴が離れすぎでは。

口は一文字だが、笑顔に見える。

 

 

 

図録入手。2300円。94ページ+英訳5ページ。

大きめで鮮明な写真多数。全カラー。

囲いのある家形埴輪など、角度を変えた写真や部分的なアップ写真がのっている。

 

 

 

  

 

混雑状況報告。

 

空いてはいませんが、並ぶことはないです。

各作品の独占はやや困難ですが、数秒ならタイミングを待てばできます。

  

 

 2017/10/05(木)訪問 

   

 

◎第78回展覧会 古代の造形 ―モノづくり日本の原点

会場:東京都 三の丸尚蔵館

前期:2017923日(土・祝)〜1029日(日)

後期:113日(金・祝)〜1210日(日)

  

     

帰りみち

いた

たぶん再会

一羽しかいなかったから

 

撮ろうとすると去ってゆく

 

 

    

  

埴輪その他の鑑賞レポート・感想文

埴輪などなど目撃談

  

 

埴輪のとなりTOP

 

 

inserted by FC2 system