総合文化展

於・東京国立博物館 本館&平成館

目撃談 (201740)

 

 

本館。

二階へ。

 

迫力の猪に思わず撮る。

 岸連山 江戸時代

走る!

 

 

親指のマリアとキリシタン遺品 本館 特別2

2017125日(火) 20171225日(月)

 

「キリシタン」という用語は過去のものなんだろうなあ。

 

祈祷書 安土桃山〜江戸時代・1617世紀

 

てのひらサイズ。

 

 

一階へ。

 

高村光太郎 1925年 個人蔵

このナマズの顔には見覚えが。

 

先日近代美術館で見た

 

高村光太郎 1926年 東京国立近代美術館蔵

このナマズの兄弟か。しなりが逆。

 

高村光太郎のナマズは三点あるそうな。

最後ナマズはメナード美術館蔵。1930年製作。両方にしなるナマズ。

 

こうなればもう一点の光太郎も。

老人の首 1923

 

 

 

河鍋暁斎の地獄極楽図もよかったが、よすぎて撮らず。

 

 

 

平成館。

 

いわきの考古学―貝塚と横穴墓― 平成館 考古展示室

2017926日(火) 20171225日(月)

 

福島県いわき市 中田横穴墓(なかだおうけつぼ)

彩色壁画。くっきり赤い鋸歯紋、見てみたい。

 

出土品のなかでも際立つのは

金銅製馬鈴中田横穴墓出土

直径11.5pと大型。

内部には鉄製の丸(がん)が入っているそうな。

金・鉄・銅が集結した作品。

 

 

特殊 香川県多度津町奥白方出土

金属製のひしゃくがモデルだろう、とのこと。

使い方がわからない。

 

形埴輪 群馬県伊勢崎市大字境上武士字天神山出土

本館の掛け軸の猪と比べると、あきらめ顔に見える。

 

あきらめるな。追いつめられてからが勝負だ。

 

実際、猪の性質を考えると、あきらめそうにない。

最後の最後まで暴れそう。

あきらめておとなしく捕まってくれ、という人間側の思いのあらわれか。

 

 

盾形埴輪。

裏側。

天辺に孔。

孔を開けたというよりは、円筒をそのまま開放状態で利用したのでしょう。

 

左の帽子形埴輪は、天辺は閉じ、側面にまるく孔を開けている。

右のユギ形埴輪は、いったん閉じたあと、まるく孔を開けている。

みな神奈川県横浜市保土ヶ谷区瀬戸ヶ谷町瀬戸ヶ谷古墳出土

 

  

 

混雑状況報告。

 

いつも通りの、ほどよい人口密度。 

 

 2017/12/15(金)訪問 

    

    

  

埴輪その他の鑑賞レポート・感想文

埴輪などなど目撃談

  

 

埴輪のとなりTOP

 

 

inserted by FC2 system